紫外線を防止する方法

紫外線を防止する!?

肌年齢を考える上で、長期的な視点で考えた場合、紫外線を防止(UVカット)することは
肌のしみやしわを減らす効果が絶大にあります。

 

一昔前は適度な日焼けが健康にいいとも言われていた時期もありますが、近頃は長期的な視野で考えた時に
若い時はそこまで影響はないですが、年齢を重ねる事で紫外線の影響で肌が傷み
しみやそばかすの原因になることの方が注目されています。

 

最近は若い方でも、紫外線が肌へ及ぼす影響を理解し、できるだけ紫外線を避けたいと考えている人は多いようです。

 

肌の新陳代謝が元気で活発な若い年頃の人は、日焼けして肌の色が褐色に変わったくらいでは
すぐに肌に影響が出てきて、しみやしわが増えることはありません。

 

とはいっても、年齢を重ねてきて若い頃は気にならなかったはずのしみやしわが年齢を重ねると増えるのは
若いころに肌の奥に蓄積された紫外線が肌の奥の奥に潜んでいるメラニンのしわざです。

 

最近は地球の温暖化で地球のまわりを覆っているオゾン層が環境汚染で悪化されオゾン層の厚みが薄くなってきている為
昔に比べると太陽からの光がオゾン層で弱体化されない状態で地球に降り注いてしまう為

 

人間の肌に降り注ぐ紫外線の強さが増してきており、人間の肌に与える影響が強烈なものになってきています。

 

皮膚ガンの原因の一つに、強い紫外線による強い日焼けがあると言われています。

 

アメリカやオーストラリアなど海外では、皮膚がんの発生率を低下させる効果があるので幼少期から紫外線への対策を
十二分に行うことがメジャーになりつつあります。

 

現在、日本の女性たちの間では、年齢を重ねても若くみられる為のアンチエイジングケアが大注目されています。

 

年齢を重ねても若いころの肌のまま、シミやしわがでてきたり昔より増えたりしない様にする為には
、若い頃からの紫外線に対するしっかいりとした対策や予防が効果を発揮します。

 

しみやしわのない若い時のままの肌を年齢を重ねてもキープするには、強い紫外線からの攻撃を予防する事で対策・予防する事が大事です!!

 

小ジワやシミを改善するいい方法ならRossmin Royalです。


ホーム RSS購読 サイトマップ