しっかりとしたスキンケアで肌年齢を若くする

肌年齢と腸年齢の関係性

 

ニキビや脂浮き、かさつきやくすみ、毛穴など、気になることの多い年齢肌。
肌年齢が気になったとき、ぜひ腸年齢も意識してみてください。肌年齢は腸年齢と密接に関係しているかも知れません。

 

その肌トラブル、悪玉菌の仕業かもしれません。
腸の中には、腸内常在菌と呼ばれる菌が住み着いており、ひとにとってうれしい働きをするものが善玉菌、あまり歓迎できない
働きをするものが悪玉菌と呼ばれています。

 

食生活やストレスなどにより腸内常在菌のバランスが崩れてくると、悪玉菌のつくる毒素が肌に運ばれて
くすみやにきびといったトラブルにつながります。この際、活性酸素も一緒に出てきてしまうため、肌の老化に拍車がかかります。

 

 

健康的で健やかな皮膚を得る為には腸内環境も大事です

 

健やかな皮膚は腸内環境から作られます。
腸内常在菌のバランスが取れると、新陳代謝が進み、必然的に汗腺や皮脂腺が目詰まりを起こさなくなります。

 

便秘や下痢が改善されることで、腸が動いて血行が良くなり、冷えが改善したという人もいます。
また、ビタミンB群や葉酸が肌の細胞を元気にしてくれます。

 

こうした効果を得るために、腸内常在菌のバランスをとるためにはどのようなことをすると良いのでしょうか。

 

腸内常在菌のバランスをとるためにはタバコやアルコールを摂り放題、睡眠時間はバラバラで食生活も不規則

 

これでは腸内環境は悪化するばかり。腸内環境を整えていくことが大切になってきます。

 

また洗顔をするときにある程度石鹸を泡立ててゴシゴシと肌をこすり合わせている人
汚れが残っているかもしれないと思って必要以上に指でこすっている人がいますが間違えていると思います。
正しい洗顔は実はとても簡単な事です。

 

洗顔をする時に石鹸や洗顔フォームを使用しますね。その時に泡立てて洗顔をしますが、その泡がとても大事なのです。
急いで洗顔をするとついつい泡立てずに、ゴシゴシと力をこめて洗顔をする人がいますが、これでは綺麗なお肌にはなりません。
泡を使って顔全体を包み込むように優しく洗顔する事で、肌年齢の若い肌に生まれ変わるのです。

 

日々の肌を労りながらのケアや腸内環境を改善し肌年齢を改善する為の環境を自分の体の中で整理して
更に小じわやシミに有効なロスミンローヤルで内側から更にケアする事で相乗効果を期待できます。


ホーム RSS購読 サイトマップ